結婚式ビデオのトレンド情報

少しの工夫で感動的!プロフィールビデオのコメント例とテクまとめ!

少しの工夫で感動的!プロフィールビデオのコメント例とテクまとめ!

結婚式のプロフィールムービーを用意・制作する上で、多くの新婚カップルがアタマを悩ますポイントの「トップ3」が以下の3つです。

 

  1. 1.写真の選別
  2. 2.BGMの選曲
  3. 3.コメントテロップの内容(文章)

 

ということで、今回のブログでは、3つ目の「結婚式プロフィールビデオのコメントの書き方・コメント例文集」をテーマに据えて、プロのテクニックを踏まえた有益な情報「少しの工夫で感動的に!結婚式プロフィールビデオのコメント例とテクニックまとめ」をご紹介したいと思います。これを読めば、プロフィールビデオ制作で悩んでいる新婚カップルの悩みも一気に解決すると思います。 結婚式プロフィールムービー制作をご検討中の方は、ぜひ最後までご覧いただき、ご参考にして頂ければ幸いです。

1.結婚式プロフィールムービーのコメントでおさえるべきポイント

プロフィールビデオ制作を依頼する際のポイント・注意点1

まずは、「プロフィールビデオのコメントでおさえるべきマストポイント」をご紹介します。

1-1.ゲストが見やすいプロフィールビデオのコメントを心がける

結婚式プロフィールムービーのコメントでおさえておきたいポイントは、まず第一に「フォント・書体」です。コメントを載せる際には「太めで見やすい書体」を使い、さらには「文字に囲み(エッジ)をつける」ことを心がけてみてください。

 

テレビのバラエティ番組のような見やすいコメントが、披露宴会場でも当然見やすいです。 シンプルなものでいうと「黒文字に白い枠」や、目立たせたい場合などは「黄色い文字に赤い枠」をつけたような文字が見やすいです。 フォントは細めで文字も小さめの方がオシャレだと感じる人も多いですが、結婚披露宴という場ではお年寄りも多く、ほぼ全てのゲストがほろ酔いです。 そして会場の暗さや広さ、スクリーンの大きさ等によっても見え方は変わります。

 

ですので、ここでは会場にいる誰もがストレスなくはっきりとコメントを認識できるくらいの大きさ・見やすさを心がけてください。せっかくプロフィールムービーを作ったのに、文字が細く小さくて、伝えたかったことが伝わらないのでは、全く意味がありませんので、若干大きすぎでは?…と思うくらい大きく、太めにした方がのちのち後悔しません。

 

1-2.ストーリーとしてつながるコメントを考える

結婚式プロフィールムービーのコメントを考える際におさえておきたいことの2つ目。それは「各コメントがストーリーとしてつながっていくコメントを考える」ということです。多くのカップル(特に新郎)がよく陥りがちなのが、写真に一言だけ簡単な説明を添えるだけのものです。

 

例えば、以下のようなパターンです。

▼赤ちゃんの頃の写真に、「2000年2月2日誕生」

▼兄弟と写っている写真に、「兄と」

▼七五三の時の家族写真に、「七五三」

▼運動会の時の写真に、「運動会」

…みたいなコメントです。

例えば、以下の写真画像をご覧下さい。

写真の状況説明は避ける-1

「学芸会で忍者に!」。

このコメントもシンプルで良いとは思いますが、これでは感情移入しにくい傾向があります。 ですので「いつ、どこで、誰と、どのように、何をして、どうだった」くらいの情報は簡潔にまとめてみてください。

 

例えば、以下のような感じです。

▼赤ちゃんの頃の写真は、「山田家の次男として誕生 兄のおさがりばかり着て育ちました」だとか、

▼兄弟と写っている写真は、「幼い頃から365日 兄貴にくっついて遊び回ってました」だとか、

▼七五三の時の家族写真は、「遂に迎えた七五三!この服も当然 兄貴のおさがり(涙)」だとか、

▼運動会の時の写真は、「中学までずっとリレーの選手!母の弁当がチカラの源でした!」 などなど。

ちなみに、上の写真画像の「学芸会で忍者に!」を変更するならば、 例えば、「学芸会で忍者に!この頃から僕のコスプレ人生がスタート!?」みたいなカタチにするのは如何でしょうか?

写真の状況説明は避ける-2

見ているゲストは、「新郎のコスプレ癖は、こんなに幼い頃から始まってたんだ…」と、発見もあり笑えてくるかもしれません。 極端な例ですが、このような感じにすると人柄やキャラクター、エピソード、家族の雰囲気なども伝わりやすくなります。このようにコメントの内容次第でプロフィールビデオ自体のストーリーが変わってきます。是非ふたりらしいコメントを考えてみてください。

2.結婚式プロフィールムービーのコメントで注意すべき点

結婚式プロフィールビデオのコメントで注意すべき点

こちらも忘れてはいけません。結婚式のプロフィールムービー(生い立ちムービー)のコメントを考える際に「注意すべき点」「やってはいけない点」をご紹介します。

2-1.忌み言葉を外す

結婚披露宴や二次会パーティーなどで、最もやってはいけないことは「忌み言葉(いみことば)」ではないでしょうか。 めでたい席での「忌み言」はプロフィールビデオのみならず、披露宴でのスピーチなどでも同様、避けたほうが賢明です。 「忌み言葉」とはめでたい席において悪い意味(別れ・不幸・死など)を連想させないように避けるべき言葉のことです。 我々は普段あまり忌み言葉を気にかけないので気づきにくいですが、結婚式というめでたい席では多くの忌み言葉が潜んでいると言われています。 結婚披露宴でゲストたちがプロフィールビデオを見る際には、写真とコメントに一気に注目が集まるため、とくにプロフィールビデオ内のコメントは慎重に決める必要があります。 その際には「忌み言葉」に気をつけて考えるようにしましょう。

 

▼「忌み言葉」の例 結婚式でよく引き合いに出される「忌み言葉」の典型的なものを、以下にご紹介します。 プロフィールビデオのみならず結婚式ビデオのコメントを考える際は、以上の「忌み言葉」に気をつけながら考えてみてください。

 

(1)別れを連想させる忌み言葉

別れる、切る、切れる、離れる、去る、終わる、終える、破れる、割る、割れる、破る、捨てる、冷める、壊れる、壊す、消える、消す、飽きる、裂ける、返す、ほどける、放す、枯れる、離婚、離縁、帰る、帰す、嫌う、嫌い、薄い、疎遠、疎んじる  …など

 

(2)繰り返しを連想させる忌み言葉

戻る、戻す、帰る、返す、再婚、繰り返す、繰り返し、再び、再度、再々、二度、二回、再三、度々、くれぐれも、皆々様、かえすがえす、次々、重々、重ね重ね、いろいろ、またまた、たまたま、いよいよ、なおまた、しばしば、わざわざ  …など

 

(3)不幸・死を連想させる忌み言葉

終わる、終える、死ぬ、逝く、倒れる、倒産、消える、消す、滅ぶ、滅びる、忙しい、亡くす、無くす、散る、流れる、枯れる、痛い、痛み、病む、病気、衰える、流す、負ける、敗れる、悲しむ、枯れる、お憂い、焦る、冷える、悪い、忌み、ご生存中、生きている頃、しめやかに、仏、葬式、僧、相次いで、相次ぐ  …など

2-2.句読点を省く

結婚式プロフィールムービーのコメントで、「忌み言葉」以外にも是非気をつけてほしいポイントがあります。それは、コメント文章の中から「句読点を省く」ということです。

人によっては気にならない人もいるとは思いますが、コメントの文章に「句読点を打つ」ということは「終止符を打つ」だとか「切る」「終わる」ということを暗に意味すると言われています。これも「忌み言葉」同様に悪い何かを連想させる恐れがありますので、多くのカップルが避けているポイントです。

具体的にどのようなことかと言いますと、文章中に「。(句点)」や「、(読点)」を使わないようにする、ということです。以下の写真画像をみてください。こういう風に、文章に「。」や「、」を避けてみてください。

プロフィールビデオに句読点は省きましょう

例えば、皆さんが毎日見ているテレビ番組(とくにバラエティ番組)を想像してみてください。 テレビ番組の字幕テロップでも、文章中に「。(句点)」や「、(読点)」は、ほぼ使いません。 私もテレビ制作出身ですが、若い頃より「。(句点)」や「、(読点)」をなるべく使わないように徹底的に教育されました(あえてわざと使う場合もありましたが…)。 プロフィールビデオのコメントを考える際には、是非これらのことを気をかけてみてください。


2-3.長文を避ける

長文を避ける。 これはカップル(新郎新婦)が結婚式プロフィールムービーを自作する際に、よく陥りがちなポイントなのですが、ゲストに伝えたいことが多すぎてコメントがあまりにも長文になってしまう、というパターンです。ですから、結婚式プロフィールビデオのコメントは見やすく、分かりやすく、スッキリさせるのがポイントです。プロフィールムービーのコメントは二行くらいにしましょう。長くても三行です。一行の文字数は10〜15文字以内で抑えるように考えてみてください。きっと見やすいプロフィールムービーに仕上がると思います。

以下の写真画像を見てください。 これは極端な例ですが、ひどい長文の場合はこのようになってしまいます。

 

プロフィールビデオに長文を避ける

コメントに隠れて、同級生や部員の顔が一切見えません。これでは本末転倒です。 写真に対しての思い出や思い入れが強くて、写真に映っている人たちの顔が見えなくなるくらいの長文を書いてしまう。 気持ちはとてもわかるのです。しかし結果、読み辛い。そしてコメントで顔が隠れてしまった友人がいたたまれない。そんな状況になってしまいます。

 

ですから、どうしても長いコメントで友人たちに感謝を伝えたい場合などは、バック(背景)に思い出の写真は使わずに、黒や白のバック(背景)に長めのコメントだけを載せる、またはロール形式でエンドロールのようにゆっくり流れるようにするなどの工夫をしてみましょう。

以下の画像を見てください。 もし長文になるならば、このようにしてみるなどの工夫をしてみては如何でしょうか。 そして、1行1行をフェードインや動きのあるエフェクトで出してみる…など、いろいろな見せ方があります。

 

プロフィールビデオに長文を避ける-2

2-4.写真の状況説明は避ける

結婚式プロフィールビデオにおいて「写真の状況説明を避ける」というのは、要するに「写真を見れば分かるコメントはやめましょう」ということです。

例えば、生い立ちの紹介部分で、 七五三の時の写真に「七五三!」というコメントを入れたり、運動会の時の写真に「運動会!」というコメントを入れたり、成人式の時の写真に「成人式!」というコメントを入れたりすると、ゲストは心の中で「見りゃ分かるわ!」「そのまんまやないかい!?」…などとツッコミを入れているかもしれません(汗)。

 

例えば、以下の写真画像をご覧下さい。

 

写真の状況説明は避ける-3

 

幼い頃、お風呂に入っている写真に「お風呂!」って(汗)。。。結婚式のプロフィールビデオを見るゲストは二人の生い立ち写真や、新郎・新婦と一緒に撮った懐かしい写真を見ながら、その先にあるストーリーや想い出エピソード等を、コメントを通して知ることで感情移入をしたり感激したり感動するものです。ですから、「写真の状況を説明しただけのコメント」、「写真を見れば分かるコメント」はやめましょう。

ちなみに「写真の状況を説明しただけのコメント」、「見れば分かるコメント」に陥りがちなのは男性である傾向が強いです。男性はこの手の文章・コメントを考えるのが、照れもあるからか女性に比べて苦手な傾向にあります。ですから新郎の方は、自分で考えたものを一度新婦に見せて添削してもらうのもアリかもしれません。

 

結婚式のプロフィールムービーは、これらのコメントにちょっと気を遣い工夫を凝らすだけで、仕上がった映像が劇的に感動的で感情移入できるものに仕上がるものです。 そのへんを是非意識しながらプロフィールムービーのコメントを考えてみてください。


3.結婚式プロフィールムービーのコメント例文集まとめ

抑えるべきポイントを確認したら次は例文集を見ていきましょう。

これまでのポイントのようにプロフィールムービーは、写真の内容やコメントの内容によって映像の方向性・テイストがかなり変わってきます。載せるコメントによっては感動系のプロフィールムービーにもなりますし、笑える感じのプロフィールムービーにもなります。同じ写真を使っていたとしても、コメント内容や演出次第でどちらのストーリーにすることもできます。実際には、感動できる部分も笑える部分もどちらもポイントで織り交ぜて起承転結を意識するとより雰囲気の良いプロフィールビデオに仕上がります。

 

ちなみに最近では、堅苦しすぎず、来賓にも、その他ゲストにもわりとフランクな感じでメッセージを伝えるプロフィールムービーが多い傾向にあります。 …と言葉で説明していても伝わりづらいかもしれませんので、弊社ポラインで人気が高いプロフィールムービーのサンプル動画を見てイメージを作って頂けますと話が早いかと思います。ぜひ参考にしてみてください。


3-1.人気プロフィールムービー「新婚大陸」のコメント例文集

「新婚大陸」の料金をチェックする

 

以下、プロフィールビデオのコメント例。

<新郎生い立ち>

 

山本翔太

漁師の次男として2000年10月10日誕生

 

産まれた時から お風呂が大好きなガキンチョでした

 

幼い頃から 歳の離れた兄貴にくっついて遊び回ってました

 

休日のお出かけは もっぱら母親と二人っきり

 

父と兄が遠洋漁から戻ると いつも大漁バーベキュー祭でした★

 

小学校ではサッカーに夢中!親友のユウトと県選抜に★

 

中学高校はバレーに転身!強豪校に進学し 春高に出場★

 

大学では自転車部の主将に!この頃の夢はプロ競輪でした

 

3年前 ショップをオープン!共同経営者たちと切磋琢磨の日々

 

アパレルの仕事はまさに天職!これからも宜しくお願いします!

 

<新婦生い立ち>

 

津田結衣

津田家の次女として2000年11月11日誕生

 

4000gの大きな女の子!親戚中に驚かれました★

 

姉と弟と一緒に野山を駆け回っていた少女時代★

 

中学で静岡に引っ越し!新天地では多くの仲間に支えられました★

 

中でもマユとサトミはラクロス部で苦楽を共にした戦友★

 

大学ではアメフト部のマネージャーに!大親友のアメマネ4人娘★

 

父さん 母さん 楽しかった学生生活をありがとう!

 

卒業しても 母校の応援はマスト!マネージャーの絆は一生もの♥ 尊

 

敬する会社の姉御ミエさん 毎日の教育に感謝してます♥

 

かわいい後輩ちゃん★ 結婚してもたくさん遊ぼうね!

 

<ふたりの馴れ初め>

 

そして二人は出逢い 交際開始!

 

二人を引き合わせてくれたのは大学の先輩 由美ねえ!感謝!!

 

積極的にアタックしたのは以外にも肉食系女子の結衣でした

 

趣味の食べ歩きで意気投合!毎週土日はカフェ巡りが基本★

 

横浜中の美味しいカフェをデートでほぼ網羅しました★

 

時には海外にもグルメ遠征★食事も基本は肉食系!

 

初めて行ったハワイ旅行で新郎がサプライズプロポーズ★

 

交際から半年でプロポーズ★緊張で汗ダクでした(新郎談)

 

〜中略〜

詳しくはプロフィールビデオ「新婚大陸」をご覧下さい!

 

※婚姻届の特殊加工などあり…

 

両家顔合わせの後 婚姻届を提出!

 

こうして僕らは夫婦となり

 

父と母が築いてくれたような笑顔に満ちた家庭を築いていきます

 

皆さまこれからも宜しくお願いします 翔太&結衣

 

他のコメント例もチェックする


3-2.プロフィールムービー「365日ミニ」のコメント例

「365日ミニ」の料金をチェックする

 

以下、プロフィールビデオのコメント例。

<冒頭部分>

 

Tomu&Miku Wedding Reception2030.11.22

 

Our Story

 

世界の男性は約33.9億人女性は約32.3億人

 

43秒に1組のカップルが夫婦の誓いを交わす

 

毎秒2.4人の赤ちゃんが誕生新郎

 

新郎 飛武が生まれてから 11680日

 

新婦 未来が生まれてから 10950日

 

新郎新婦が付き合い始めてから 730日

 

〜中略〜

詳しくはプロフィールビデオ「365日ミニ」をご覧下さい!

 

本日愛を誓った二人が1年間で愛し合える日数 365日

<新郎 生い立ち>

 

Tomu Taguchi Since 2000

 

2000年4月 漁師の次男として田口家に誕生★

 

幼い頃から365日 兄貴にくっついて遊び回ってました

 

初めて自転車に乗れた時は感激!父も涙ぐんでました(親バカ!)

 

気がつくとガキ大将!この頃の夢は戦隊ヒーロー!!

 

小1〜高3までずっとリレー走者!母の弁当がチカラの源でした!

 

〜中略〜

詳しくはプロフィールビデオ「365日ミニ」をご覧下さい!

<新婦 生い立ち>

 

Miku Tanabe Since 2000

 

2000年8月 田辺家の次女として横浜に誕生

 

姉と仲良すぎの幼少時代 一卵性姉妹と言われたっけ?

 

未来と書いて「ミク」 当時はとても珍しがられました

 

この頃から歌やダンスに夢中 近所の子とユニット組んでました

 

忘れもしない小学校の学芸会!おしん役で主役を任されました

 

〜中略〜

詳しくはプロフィールビデオ「365日ミニ」をご覧下さい!

 

<ふたりの馴れ初め>

 

Tomu&Miku Since2028 僕たちは友人の紹介で出逢いました♥

 

初デートはアメフト観戦!

 

転職相談をするうちに親しくなり 新婦から新郎へアタック!

 

アメフトでならした新郎ですが女性のアタックには滅法弱く(汗)

 

交際をスタートしてからは二人で旅行ばかり行っていました

 

〜中略〜

詳しくはプロフィールビデオ「365日ミニ」をご覧下さい!

 

父さん母さん仲間の皆さん これまでたくさんありがとう!

 

そしてこれからもよろしくです!!

他のコメント例もチェックする


3-3.他のプロフィールムービーのコメント例も見てみよう!

プロフィールビデオ「インスタ映えプロフィール」


「インスタ映えプロフィール」の料金をチェックする

 

タイムラインプロフィール

「タイムラインプロフィール」の料金をチェックする

 

結婚式プロフィールビデオ「Back to the HISTORY」

「BACK TO THE HISTORY」の料金をチェックする


4.まとめ

ブログ記事のまとめ!

いかがだったでしょうか。

 

このページでは「結婚式プロフィールビデオのコメント例・コメントの書き方」をテーマとして、「少しの工夫で感動的に!結婚式プロフィールビデオのコメント例とテクニックまとめ」をご紹介しました。 この記事を読んで共感して頂ける部分は少なからずあると思いますので、そこだけでも気にかけて頂ければ幸いです。そして人生最幸の日の準備を進めて頂ければと思います。

 

プロフィールビデオをもっとチェック