スタッフブログ

結婚披露宴はどれくらいの人がやるの?(ポラインの結婚トレンド情報)

結婚披露宴はどれくらいの人がやるの?(ポラインの結婚トレンド情報)

「結婚披露宴はどれくらいの人が実施しているのですか?」

結婚披露宴で上映する「プロフィールビデオ制作・ウェディングビデオ制作サービス」をしているポラインにも、このようなお問合せが、たまに来ます。

とっさには分からず。。。しかし、分かりません、とも言えないので、調べて応えておりましたが、今回ブログにもまとめてみようと思います。

 

 

ちなみに、

ここから紹介するのは、ゼクシィさんの調査(2014年度版)からの参照・引用となります。

首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)で結婚披露宴を行ったカップルは、およそ123,300組。

婚姻届を提出したカップルの約60%の人々が、結婚披露宴を行なっているそうです。

ちなみに、挙式・披露宴にかけた平均額は341万円とのこと。

これは2014年のデータです。

 

 

さて、このうちどれほどのカップルが、なにかしらの映像演出をしているのでしょうか。

気になると思うので、こちらもご紹介しておきます。

123,300組のうちのおよそ70%弱(82,000組程度)が、結婚披露宴でプロフィールビデオやオープニングビデオ、エンドロールなどの映像演出をしているそうです。

その人たちの半数近くは自分の手作りで簡単なスライドショー的なものを作るようですね。

最近では簡単なプロフィールビデオを自分で制作するような安価なソフトもでていることもあり、ここが我々のような「プロフィールビデオ制作・ウェディングビデオ制作サービス業者」の最大のライバルとなります。

手作りだと、時間さえかければ無料・タダで、プロフィールビデオが制作できてしまいますから(泣)。

で、ホテルや式場に高額なオプション料金を払って、お任せでつくってもらう人々が40%くらい。

こんなにもいるのです。高いのに。。。

友人知人に作ってもらう人々が10%強。

我々ポラインのような「プロフィールビデオ制作・ウェディングビデオ制作サービス業者」に依頼してくれるカップルは20%弱いるそうです。

ちなみに2013年は、この層が13%しかいなかったので、かなりのアップ率でしょうか。

その要因としては、「撮ってだしエンドロール」や「演出の凝ったプロフィールビデオ」「賑やかな演出のオープニングビデオ」などなど、自分たちの手作りでは困難な映像演出を希望する新郎新婦の増加が考えられます。

なかなか一般の人には出来ない映像演出もありますから。

そこは我々ポラインのようなプロの「プロフィールビデオ制作・ウェディングビデオ制作サービス業者」にお任せください。

ポラインにも、様々な演出の「オープニングビデオ」があります。

そして、凝った演出の「プロフィールムービー」も人気です。

「撮ってだしエンドロール」や「一眼ムービー当日撮影」」なども大人気です。

ご興味ありましたら、是非ご覧下さい。

ご不明点や不安なことがありましたら、お気軽に下のボタンをクリックしてください。

電話でも結構です。

「結婚式プロフィールビデオ制作」のポラインの店長・山口より、ご返答をさせて頂きます。

↓↓↓↓

お問合せ用バナー

ちなみに、ウェディングパーティー、二次会パーティーの日程調整・出欠管理なら!

パーティーの日程調整ツール 調整さん

 

なお、ポラインでは「ウェディングビデオ制作」の他にも、中小企業様向けに「ビジネス映像・動画制作サービス」を展開しております。「ビジネス映像制作サービス」のポラインでは、製品プロモーションやイベント・セミナー・採用映像、インフォマーシャル、テレビ番組の制作協力などビジネスシーンで活用する映像制作全般を、中小企業様から幅広く承っております。こちらも是非ご活用ください。
↓↓↓
ビジネス映像制作サービス